クラシコジャーナル|白衣のクラシコ 公式WEBマガジン

メインメニュー

【女医・看護師向け】ナチュラルメイクのポイントをプロが紹介 気分も明るくなるメイク術

【女医・看護師向け】ナチュラルメイクのポイントをプロが紹介 気分も明るくなるメイク術
Contents

医療現場での派手なメイクは避けるべきですが、ナチュラルメイクの中にもプロのコツを取り入れてみると自然な華やかさを感じられます。自分をより綺麗に見せるメイクをすると、気持ちもアップし職場で人と接するのも楽しくなるでしょう。

そこで今回は、春メイクに取り入れることのできるプロのコツをわかりやすくご紹介します。

医療現場で好感が持たれるメイクとは?

医療現場で働く女性は、派手なメイクは避けたいものですが、ノーメイクだと顔の血色が悪く見えて患者さんに心配されてしまうこともあります。
したがって、患者さんが不快感を抱かない適度なナチュラルメイクで清潔感を出すことが重要です。

今回ご紹介するのは、気分が明るく前向きになるような春メイクのコツです。
プロのヘアメイクアップアーティスト、髙取篤史さんにポイントを教えてもらいます。

ベースメイクの手順とポイント

ベースメイクは、気になる部分をカバーしながらも全体を薄付きにして出す「素肌感」がポイントです。スポンジを使って軽く叩くようにファンデーションを入れていくと、ムラや厚塗りを防げるでしょう。

顔の中心部分にファンデーションを塗る

顔の中心部分に塗る

最初は目の周りや口の周りなど、肌のトラブルが出やすいところをカバーしていきます。中心部分をきちんとカバーして外側になるにつれて薄くするのがナチュラルに見せるポイントです。目蓋のくすみは程よく活かした方が立体感が出ます。

ファンデーションは薄く顔の外側・目蓋に

薄く顔の外側・目蓋に

スポンジに残ったファンデを外側に薄く塗っていきます。首・顎の境目を忘れないようにすると、素肌感を出すことができます。目の上の部分はファンデで薄く塗りますが、厚すぎるとフラットになりすぎたり二重にファンデが寄ったりするので注意しましょう。

次に、パールを含まないトランスルーセントパウダーを入れてつなぎをつくります。目の上の二重など肌が重なる部分にもパウダーをすると、アイシャドウなどを後から重ねる時に有効です。

リップで唇の血色を整え、パール感のある色をプラス

リップで唇の血色を整える

薄いピンク色のリップを塗って唇の血色を整えます。全体がマットな印象なので、目の周りから頬骨あたりにパール感のある部分用ファンデーションを入れて艶を出していきましょう。Tゾーンに入れるとテカリに見えてしまうので、この部分は避けるのがポイントです。

ベースメイクの使用アイテム例

ベースメイクの使用アイテム例

  1. クレ・ド・ポー ボーテ/タンクレームエクラ オークル10(クリームタイプファンデーション)
  2. ナチュラグラッセ/クリームバー ファンデーション N01 ライトベージュ
  3. メイクアップフォーエバー/ウルトラHDルースパウダー(フェイスパウダー)
  4. THREE/シマリング グロー デュオ 01(部分用ファンデーション)

アイブロウの手順とポイント

眉メイクで意識するのは、自眉を活かして足りない部分を丁寧に補っていくことです。また、眉頭を足して顔のパーツを中心に寄せた印象にすると、目元が引き締まりシャープな印象になります。

下準備として、余分な粉や皮脂を取り除く

下準備

まずは毛の流れを整えます。眉毛の根元にたまった余分な粉類や皮脂を取り去るため、眉をブラシで梳かすと効果的です。パフやスポンジなどで取り去った部分を馴染ませると、より綺麗に仕上がります。

眉頭・薄い部分を描き足す

薄い部分を描き足す

鼻の骨のラインを意識しながら、足りない部分を描き足していきます。眉間に寄せていくように、眉の生え際の上のラインと鼻筋を結んだラインで角をつくるようなイメージをもつとよいでしょう。大きめの筆を使って描いてぼかす作業を繰り返していくとナチュラルに見えます。

パウダーのアイブローは単色も使えますが、2色くらい混ぜながら使うと馴染みやすく失敗しにくいでしょう。割れているところや毛が少ない部分などを細めの眉ブラシで書き足していきます。アウトラインを意識しすぎると輪郭がはっきりしすぎるので、根元は毛穴の隙間が埋まりすぎていないくらいに描いたほうが自然な印象を与えます。

毛並みを整えて、全体のバランスをチェック

全体のバランス

眉マスカラで上に向けて毛並みを梳かすと、眉の印象が引き上がります。眉マスカラが乾く前に流れを整えることで、より自然に見せることができます。眉尻は下に逃がすようにさらっと梳かしましょう。眉マスカラは、ペンシルとあまりギャップのないカラーや透明のものなどを使用します。始めはブラシで梳かし、流れを整える時はスクリューブラシを使うのがコツです。

眉毛が上がりにくい場合は、根元から毛並みに逆らうようにしっかりつけて方向づけすると効果的です。もう一度足りない部分を整え、毛が少ない人はペンシルを使うとよいでしょう。眉尻は口角から目じりを結んだライン上に設定し、ミリ単位でバランスを見るのがポイントです。

アイブロウの使用アイテム例

アイブロウの使用アイテム例

  1. SUQQU/ボリューム アイブロウ マスカラ 01 カーキ
  2. ADDICTION/アイブロウ ペンシル 01 シナモン
  3. Amplitude/パウダー アイブロウ 01 ナチュラルブラウン(アイブロウパウダー)

アイメイクの手順とポイント

リップとチークで春らしさピンクっぽい印象を出すため、目はあえて引き締めるのがポイントです。ベージュやブラウン系の色を使うと目元が引き締まって見えます。

パウダーアイシャドウを入れる

アイシャドウ

まつ毛の生え際には皮脂などが残りやすいので、薄いベージュのパウダーアイシャドウで整えます。こうすることで、後で引くアイラインの下地にもなります。二重幅くらいをぼかしながらアイシャドウをのせていきましょう。

目には左右差がある人が多いので、それぞれの形を理解してアイメイクの仕方を変えていきます。バランスを整えるために、濃いパウダーを足します。

アイラインとパール入りアイシャドウで目元に立体感を

アイライン

ジェルタイプのブラウンのアイラインを使って、目のラインの延長線上に少し長めにラインを入れていきます。目の幅が広く見えるでしょう。目頭を持ち上げて粘膜との境目くらいにラインを引くことで、ぱっちりした印象になります。

アイホールの中心部には、立体感をもたせるためにパールの効いた薄めのアイシャドウをのせていきます。目の下にも少量のシャドウを入れましょう。

マスカラでまつ毛は軽やかに

マスカラ

ビューラーを使い、マスカラで目元を仕上げます。春らしさを出すには、ボリュームよりは長さを出して軽やかで優しい印象にするのがポイントです。

アイメイクの使用アイテム例

アイメイクの使用アイテム例

  1. ルナソル/スキンモデリングアイズ 02 Beige Orange(アイシャドウ)
  2. NARS/シングルアイシャドー 5311 マットソフトトープ
  3. キャンメイク/クリーミータッチライナー 02 ミディアムブラウン(アイライナー)
  4. CLINIQUE/ラッシュ パワー マスカラ ロング ウェアリング フォーミュラ 01 ブラック オニキス
  5. dejavu/ラッシュアップ ブラック(マスカラ)

チーク&リップの手順とポイント

オレンジ・ブラウン系の肌よりも少し暗めの色を使い、骨格を意識しながら頬にシェーディングを入れます。仕上げはリップで春らしい色を加えましょう。

骨格を意識したシェーディングとチークで小顔に

"シェーディング>
<p>
シェーディングを入れるパーツは、頬骨の下のくぼむ部分です。肌よりもやや暗い色を、大きめのブラシで入れていきましょう。明るいところで色味を確認しながら入れていくのがおすすめです。
<br>
チークは春らしい明るい感じにします。色白の人はピンク、肌の色が濃い目の人はコーラル系が似合うでしょう。黒目の下あたりから頬骨に色をのせます。
</p>

<h3>リップでふっくらとした口元を演出</h3>
<img src=

まずは口元の輪郭を整えるため、スポンジや指で境目を馴染ませます。リップグロスをのせ、馴染むようにティッシュオフします。中心部に最後もう一度のせると、ふっくらした印象になり顔全体の印象が明るくなるでしょう。

ヘアはオイルで仕上げるとおしゃれ

ヘアオイル

ヘアは、オイルを馴染ませるとウェット感が出ておしゃれ度がアップします。根元から大量につけるのではなく、毛元から数回に分けて少しずつつけると失敗がありません。生え際や耳周りを束にすることで、あか抜けて明るい印象を演出できるでしょう。

チーク&リップの使用アイテム例

チーク&リップの使用アイテム例

  1. GIVENCHY/プリズム・ブラッシュ No.1 パッション(チーク カラー)
  2. MAC/スタジオフィックス パウダー プラス ファンデーション NC42
  3. ディオール/アディクト リップ マキシマイザー 012 ローズウッド(リップグロス)
  4. ナチュラグラッセ/リキッド ルージュ 02 ピンクベージュ(口紅)
  • COCUU/メロウドロップ (ヘアオイル)

春メイクが映えるおしゃれなスクラブ

ここでは、顔周りがすっきりと見えて春メイクが映えるおすすめのスクラブをご紹介します。

ジェラート ピケ&クラシコ:ラインジップアップスクラブ

2本のラインがデザインのポイントになっているこのスクラブは、生地感がよいと評判です。ジップアップが斜めに入っており、スリムな印象を与えてくれるでしょう。それにジップを開けて着替えをすることができるので、メイクがスクラブについてしまうことがなく安心です。

カラーはネイビーのラインが際立って可愛いホワイト×ネイビー、ジェラート ピケならではの淡い色使いを楽しめるミントやピンクから選ぶことができます。
動画のモデルさんが着用しているのはミントのカラーです。

ジェラート ピケ&クラシコ:ラインジップアップスクラブの商品ページはこちら
ジェラート ピケ&クラシコの特集ページはこちら

毎日の気持ちをアップさせる春メイク

プロのアドバイスに基づいて、毎日のメイクに取り入れてみたいコツをご紹介しました。春を感じるメイクをすると、仕事に向かう気分も明るくなるでしょう。今回ご紹介したメイク術を動画で見たい場合は、ムービーがあるので是非チェックしてみてください。



ABOUT Classico クラシコについて
「なぜかっこいい白衣がないのか?」私たちクラシコは、医師の一言から白衣づくりを始めました。2008年の創業以来、いつもきれいで気持ち良く仕事ができる、そんな医療ウェア作りを目指してきました。スタイリッシュでお洒落なシルエットの白衣、そして着る人の気持ちを幸せにし、自信を溢れさせ、ときには気持ちを引き締め、患者さんや医療従事者のまわりの人たちに良い印象を与える白衣を目指して医療ウェアを作り続けています。

医師が一度は着てみたい白衣ランキング1位に選ばれ、白衣をはじめ、スクラブ・ケーシー・ナース服・聴診器や、医療チームの一体感を高めるチーム白衣・病院ロゴ刺繍なども承っています。

あわせて読みたい関連情報
脱ぎ着が簡単!ヘアスタイルを崩さないおすすめレディーススクラブ
【レディーススクラブ】前開き・ジップアップで着られるタイプ
パーソナルカラー別【春夏秋冬】似合うレディーススクラブの選び方

関連商品

#ナース服 #看護師

白衣メーカーのクラシコが運営するWEBマガジンです。医療用の白衣やスクラブ・ケーシー・ナース服など医療ウェアに関する話題を中心に、医療従事者に役立つ情報を発信していきます。

Classico ONLINE STORE CLASSICO ROPPONGI SHOP INFO GELATO PIQUE Du fond du coeur Classico The tailored lab coats Ronherman x Classico チームで着よう 導入事例紹介
TOPへ
close