クラシコジャーナル|白衣のクラシコ 公式WEBマガジン

メインメニュー

白衣に活かされるクラシコのテーラリング技術。おしゃれが際立つ理由

白衣に活かされるクラシコのテーラリング技術。おしゃれが際立つ理由
Contents

おしゃれで高品質なクラシコの白衣は、多くの医療従事者から好評を得ています。そんなクラシコの白衣を支えているのが、テーラリング技術です。

クラシコでは、紳士服に用いられるテーラリング技術を医療現場で働く人の声を取り入れながら改良し、白衣に落とし込んでいます。医療現場での使いやすさを重視してアレンジされたテーラリング技術が、クラシコの人気の秘密ともいえるでしょう。

今回は、クラシコの白衣に活かされているテーラリング技術について解説したうえで、おすすめのジャケット白衣をご紹介します。

クラシコのテーラリング技術とは?

テーラーとは、英語でスーツを代表とする紳士服の仕立て屋さんや裁縫師のことを意味します。テーラーになるには洋服を仕立てるための修行を積み、お客さんの要望に合ったデザインや生地の選択、採寸からパターン作成、裁断、仮縫い、調整と縫製までの一連の工程を担います。

紳士服の伝統は、イタリアやイギリスなどを中心に長い歴史の中で培われてきました。テーラーが紳士服を仕立てる際に用いる技術が「テーラリング技術」です。テーラリング技術の素晴らしい点は、体の立体的な構造を重視しているためスタイルが美しく見えること、そして体の動きに馴染むため実用的であることです。

クラシコのテーラリング技術のポイント

クラシコ技術

クラシコではイタリア式のテーラースーツを熟知する大豆生田 伸夫がデザインを手がけており、テーラリング技術を白衣に落とし込んだクラシコ独自のおしゃれで高機能な白衣を生み出しています。

さらに、見た目がかっこいいだけでなく、医療従事者の声に耳を傾けて実用的な白衣をデザインしているのがクラシコの特徴です。

ここでは、クラシコのテーラリング技術のポイントを解説します。

動作性

ジャケットやコートは、肩や袖周りがきついと着心地が悪く感じます。クラシコでは、猫背やPC操作などで前方に手を向ける姿勢を想定した「前肩仕様」によって腕のラインを作っています。長時間着用しても疲れにくく、袖振りがテーラードジャケットのように立体的になっているため見栄えがよくなるでしょう。

ディティール

襟(衿)や胸ポケットは簡易的にデザインされがちなパーツですが、クラシコではこうしたディテール部分もこだわってデザインしているのが特徴です。

例えば、胸ポケットにはペンや名札を多く刺してもだらしなく見えないような工夫が施されています。また、脇ポケットは医療現場で活用されることが増えているタブレットが入るサイズになっています。

全体のバランス

クラシコでは、スリムなシルエットからリラックス感のあるゆったりとしたシルエットまで、豊富なバリエーションで商品を展開しています。また、胸元の空き具合やボタン・襟など、一品一品、全体のバランスを考えてデザインされているのです。このため、体型や好みの雰囲気に合わせてお気に入りの白衣を選べます。

クラシコの白衣に使われる用語解説

クラシコの白衣には、テーラリング技術が散りばめられています。ここでは、クラシコの商品をもっとよく理解できるように、知っていると便利なテーラリング用語を解説します。

襟に関する用語

襟

衣服の首周りに装飾や防寒などの目的で施されるものを「カラー」と呼びます。日本語では襟の部分にあたり、衣服のデザインで重要なポイントを担うことも多いでしょう。

  • ノーカラー:襟がない首周りのデザイン。
  • ステンカラー:後ろ襟部分が高く、前が低くなっているデザイン。
  • ラペル:下襟のこと。
  • ナローラペル:下襟の幅が細いラペル。
  • ピークドラペル:テーラードジャケットの代表的なラペルで、剣先のように下襟が尖った形。
  • ゴージライン:スーツの上の襟と下の襟を繋ぐラインのこと。ゴージラインの位置が見た目の印象を左右するとも考えられています。
  • ブートニエール:フランス語でボタン穴のこと。紳士服のジャケットのラペルについているホールを差す。もともと花飾りをつける位置についており、現代ではそこに施すアクセサリーをブートニエールと呼ぶこともあります。

ジャケット・コートの身頃に関する用語

玉縁ポケット

前身頃には、ボタンやポケットなどおしゃれのアクセントになるパーツが集中します。

  • 段返り3つボタン:3つあるボタンのうち、1番上のボタンが下襟の折り返し部分に位置する仕様のこと。真ん中のボタンのみを留めて着用します。ラペルが柔らかく広がることで穏やかな印象を与える効果があります。
  • フラップポケット:蓋のついたポケットのこと。紳士服で最もオーソドックスな腰ポケットの形です。
  • 玉縁ポケット:蓋がつかず、別布でポケット口の上下に縁をつけたポケットのこと。フォーマルな印象を演出します。
  • バルカポケット:底が船底のように緩やかなラインを描く胸ポケット。胸元がエレガントな印象になります。

また、ジャケットやコートには、後ろ身頃の裾にベントという切れ込みが入っており、動きやすいように工夫されています。ベントの形によって、後ろ姿の印象が大きく変わります。

  • センターベント:ジャケットなどの背中側の裾の中央に切れ込みが入っていること。もともとは英国で乗馬における動きやすさを考慮して裾を割ったことが始まりだと考えられています。軽快で若々しい印象を与えます。
  • サイドベンツ:裾の両脇に切れ込みが入っているタイプ。腰に吊った剣を取り出しやすくするためのデザインの名残りと考えられています。クラシックな印象や威厳を感じさせます。

袖に関する用語

キッスボタン

クラシコでは、袖の裏地や長さにもこだわっています。ディティールを理解する用語の1つとしてキッスボタンをご紹介します。

  • キッスボタン:ジャケットの袖口でわざと重ねて付けているボタンのこと。オーダースーツなどに採用されるディティールで、高度な仕立て技術を要するため高級感が出ます。現在では装飾目的の仕様であることが主流ですが、クラシコでは本開き仕様なので袖をまくることができます。

テーラリング技術が活かされたおすすめのジャケット白衣

クラシコでは、医療現場での使いやすさを重視しながら、テーラリング技術を取り入れて白衣をデザインしています。
ここでは、クラシコのテーラリング技術が活かされたおすすめのジャケット白衣を4点ご紹介します。

メンズ白衣:ジャージージャケット・LUXE

ドレッシーなピークドラペルの1つボタンジャケットは、まるでスーツのように着こなせるスタイリッシュな白衣。脇ポケットは玉縁仕様でタキシードのようにエレガントな雰囲気を演出します。シャープなシルエットで作られていますが、後ろ身頃はサイドベンツになっているので動きやすいでしょう。

抜群の伸縮性と高級感を両立させたクラシコオリジナルの新ジャージー素材は、シルクのような上質な肌触りをもたらします。袖口にはキッスボタンが施されていますが、本開き仕様のため袖をまくり上げることも可能です。

メンズ白衣:ジャージージャケット・LUXEの商品ページはこちら

メンズ白衣:ライトジャケット

こちらは軽やかに着こなせる、クラシコの白衣の中でも最も軽量のファブリックを使用した白衣です。軽量にも関わらずスポンディッシュな膨らみのある素材感なので、テーラリング技術を活かした立体的なデザインが映えます。

ゴージラインを低めにとったラペルとスクエア型のフロントカットによって、トレンド感のある着こなしが実現できるでしょう。全体は柔らかいデザインにまとめつつ、襟は首に沿ってフィットする鎌衿で仕立てられています。襟裏、背裏、内ポケット、内側のパイピングなどの見えない部分にもおしゃれなストライプの裏地が採用されています。

メンズ白衣:ライトジャケットの商品ページはこちら

メンズ白衣:ハイツイストコットンジャケット

ラペルを異素材で切り替えたタキシード調のデザインが特徴的な白衣。最上級のコットン「スペリオール・ピマ・コットン」を強撚糸にして織り上げ、上品で膨らみのある美しい生地に仕上げた「ハイツイスト」シリーズのジャケットです。

ラペルが異素材で施されていることで、胸元にさりげないコントラストをもたらし洗練された印象を与えます。抜け感のあるボックスシルエットと低めのゴージラインによって適度なカジュアルさももたらされます。上品でありながら、堅苦しい印象にならないおしゃれなジャケットです。

メンズ白衣:ハイツイストコットンジャケットの商品ページはこちら

メンズ白衣:テーラードジャケット・クールテック

ウエストラインがすっきりと見える細身の白衣は、テーラリング技術を駆使して立体的な袖振りや美しい襟・胸ポケットを実現。袖口には4つのキッスボタンが施され、高級感を与えます。裏地には清涼感のあるブルーのストライプ柄の生地があしらわれており、さりげないおしゃれが高級感を感じさせるでしょう。

通気性がよくさらりと着心地のよいジャケットを探している人におすすめの一品です。ポリエステル特有のテカリを抑えたマットで艶のある生地は、上品な印象を与えるでしょう。

メンズ白衣:テーラードジャケット・クールテックの商品ページはこちら

テーラー技術が散りばめられた白衣でおしゃれに決めよう!

クラシコでは、紳士服に用いられるテーラリング技術を白衣に落とし込み、医療従事者に使いやすくおしゃれな白衣を展開しています。テーラリング技術を用いながらさまざまなタイプの白衣をご用意しているため、体型や好みに合わせて選ぶことができます。

それに立体的な白衣はおしゃれに見えるだけでなく、体にフィットして動きやすく快適です。まるでスーツを着ているかのようなおしゃれな白衣姿を実現できるでしょう。



ABOUT Classico クラシコについて
「なぜかっこいい白衣がないのか?」私たちクラシコは、医師の一言から白衣づくりを始めました。2008年の創業以来、いつもきれいで気持ち良く仕事ができる、そんな医療ウェア作りを目指してきました。スタイリッシュでお洒落なシルエットの白衣、そして着る人の気持ちを幸せにし、自信を溢れさせ、ときには気持ちを引き締め、患者さんや医療従事者のまわりの人たちに良い印象を与える白衣を目指して医療ウェアを作り続けています。

医師が一度は着てみたい白衣ランキング1位に選ばれ、白衣をはじめ、スクラブ・ケーシー・ナース服・聴診器や、医療チームの一体感を高めるチーム白衣・病院ロゴ刺繍なども承っています。

あわせて読みたい関連情報
おしゃれでかっこいいメンズ白衣 医師のショートコート特集
オンライン診療が快適で印象も良いジャケット白衣&ケーシー5選
【利用者の声】クラシコの白衣やスクラブに関する口コミや評判

関連商品

#白衣

白衣メーカーのクラシコが運営するWEBマガジンです。医療用の白衣やスクラブ・ケーシー・ナース服など医療ウェアに関する話題を中心に、医療従事者に役立つ情報を発信していきます。

Classico ONLINE STORE CLASSICO ROPPONGI SHOP INFO GELATO PIQUE Du fond du coeur Classico The tailored lab coats Ronherman x Classico チームで着よう 導入事例紹介
TOPへ
close