クラシコジャーナル|白衣のクラシコ 公式WEBマガジン

メインメニュー

白衣・スクラブに刺繍を入れるメリットとは?気になるオーダー方法や導入事例

白衣・スクラブに刺繍を入れるメリットとは?気になるオーダー方法や導入事例
Contents

白衣やスクラブのデザインや色だけに留まらず、もっと自分だけのおしゃれにこだわりたいという人も多いのではないでしょうか。

そこでオリジナリティを演出するためにおすすめなのが、刺繍を入れることです。
この記事では白衣とスクラブに刺繍を入れるメリットや種類、オーダー方法、実際の医療現場での導入事例などをご紹介します。

白衣やスクラブに刺繍を入れるメリット

実は白衣やスクラブに刺繍を入れることで、さまざまなメリットが期待できます。ここでは4つのメリットをご紹介しましょう。

チームの一体感が向上する

鳥取大学医学部 胸部外科 (写真は鳥取大学医学部 胸部外科)

チームごとに同じ刺繍が白衣やスクラブに入っていると、チームに一体感が生まれます。とくにチームの理念や共通の意味が込められた刺繍は人気です。チームの一員であるという誇りを持ちながら、それぞれの仕事を全うし、より責任感や向上心を保つというポジティブな影響が期待できるでしょう。

チームのアピールにつながる

チームで揃えて白衣やスクラブに入れた刺繍は、人の目を引きます。すると、医学生や研修医など若い医療従事者へ、そのチームの魅力や存在感をアピールすることにもつながるのです。あのチームに入りたい、一緒に仕事がしたいと思われるチームづくりが目指せます。

オリジナリティを出せる

白衣やスクラブに刺繍を入れるのは、チームばかりではありません。個人でも各専門の表記や個人名など、入れる位置や書体、色を選び、世界にひとつしかないオリジナルの刺繍を入れられるのです。
自分だけの刺繍でオリジナリティを演出し、気分を上げて仕事に対するモチベーションの向上につなげるのもよいでしょう。

特別感が出せるのでプレゼント用にも最適

刺繍入り白衣のギフト

刺繍を入れた白衣やスクラブは、医療従事者へのプレゼントにもおすすめです。刺繍を入れることによって、特別感をプラスできるので、さりげない心遣いが喜ばれます。相手の好みの色を普段から把握しておくと、刺繍入れの際に役立ちます。

白衣・スクラブに入れる刺繍の種類

白衣・スクラブに刺繍を入れる際、一般的にロゴ刺繍とネーム刺繍の2種類に分けられます。

それぞれの特徴やネームを入れる位置、必要なもの、費用などをご紹介します。刺繍を入れるときのイメージがつきやすくなるでしょう。

ロゴ刺繍

ロゴ刺繍入りスクラブ

ロゴ刺繍は、主に病院やチームのロゴを入れられます。そのため病院全体を始め、医局や職種別などチームごとの白衣・スクラブの制作に向いています。ロゴ刺繍には刺繍代や送料がかかりますが、お手持ちの白衣・スクラブに後から入れることも可能です。

白衣・スクラブを注文するときの注意点は、商品のデザインによって刺繍できる位置が異なります。クラシコでオーダーする際は、刺繍デザインのロゴデータが必要ですが、データがない場合もデザインから相談できるケースも。ロゴ刺繍はロゴマーク版代と個別の商品への刺繍代がかかりますが、ロゴマーク版代は1回目のみで、2回目以降にオーダーするときは同じロゴを使用すればかからないことがほとんどです。

ネーム刺繍

ネーム刺繍入り白衣

ネーム刺繍では各専門や個人名などを刺繍でき、専門と名前のイニシャルを2行にするデザインが人気です。自分だけのオリジナルの白衣・スクラブの制作や、プレゼント用としても注目されています。

クラシコでネーム刺繍を行う場合、刺繍を入れる位置、書体、カラーが選べます。
刺繍を入れられる位置は白衣やスクラブのデザインによって異なりますが、一般的には左右の袖や胸元を選ぶ人が多いようです。 書体はアルファベットや漢字などで表記するのが人気です。入れる位置、書体、色によって印象が変わるので、オリジナリティあふれる白衣・スクラブに仕上げましょう。

刺繍のオーダー方法

新しい白衣やスクラブを注文するときは、実物を見てから刺繍を入れるかどうか検討したいという人も少なくありません。刺繍を入れるタイミングは、白衣・スクラブの注文時、注文後、持ち込みなどから選べます。

ここでは、それぞれのタイミングでの一般的な刺繍オーダー方法についてご紹介します。

白衣・スクラブの注文時にオーダーする

白衣やスクラブを注文するときに刺繍入りでオーダーすれば、刺繍が入った状態で届きます。白衣・スクラブと同時に完成した状態で到着するので、最も時間のかからない方法です。

ところが、白衣やスクラブのデザインによっては刺繍を入れられない位置があります。
なかには白衣やスクラブ自体が実際考えていたイメージと違っていたために、刺繍の色と合わなかったというケースも。
そのため白衣・スクラブと刺繍を同時にオーダーできる業者や店であっても、注文する前によく確認しましょう。

あとから刺繍を入れる

白衣やスクラブが手元に届いてから、デザイン・色・サイズなどを確認し、一度返送してから刺繍を後入れしてもらうこともできます。一度手元に白衣やスクラブが届くので、自分のイメージ通りに完成しやすい傾向があります。

ただし、あとから刺繍を入れる方法では、刺繍代のほかに送料や時間がかかります。一度受け取った白衣やスクラブを返送してから、再度受け取るまでに1週間~2週間かかるので、時間に余裕を持ってオーダーしましょう。

持ち込みで刺繍を入れる

そして最後に、ロゴ刺繍・ネーム刺繍などの対応が可能なところへ、白衣やスクラブの持ち込みをしてから刺繍を入れる方法です。

しかし、白衣やスクラブ専門で刺繍を入れている会社や店は少ないので、希望のデザインや刺繍を入れる位置が指定できない恐れがあります。失敗を防ぐためにも、専門的に刺繍入れを行なっているところへ依頼するのがおすすめです。

白衣・スクラブに刺繍を入れた事例

白衣やスクラブに刺繍を入れる前に、実際に刺繍が入ったものの着用イメージを見ると参考になるでしょう。また、チーム刺繍の場合は、どのような目的で刺繍を入れたのか、刺繍を入れた効果や良さについても気になるポイント。

そこで実際に白衣やスクラブに刺繍を入れた3つの医療現場のチーム事例をご紹介します。
それぞれのチームの導入目的や、実際に着用したリアルな感想を参考にしてください。

自治医科大学 内科学講座腎臓内科学部門

自治医科大学 内科学講座腎臓内科学部門

自治医科大学 内科学講座腎臓内科学部門では、白衣とスクラブの左袖に赤と青を基調にしたチームロゴを刺繍しています。チームロゴを入れたきっかけは、チームの一体感を得る目的と、若い医師に科の魅力をよりアピールするためだったとのこと。

ロゴ刺繍入りの白衣やスクラブを着用することで、より一体感が得られるように医局のロゴを一からデザインし、理念を入れ込んだデザインを採用しました。ほかの科の先生からはもちろんのこと、患者さんからもかっこいいと評判だと嬉しい声が挙がっています。

このチームでは身なりの良さが患者さんへの敬意と共感を表すと考え、日々患者さんと向き合っているそうです。

白衣と紺色のスクラブに共通のロゴを入れることによって、チームの一体感と清潔感を患者さんにアピールできているのではないでしょうか。

クラシコのロゴ刺繍入りユニフォームの導入事例 | 自治医科大学 内科学講座腎臓内科学部門の詳しいインタビュー

北里大学医学部 循環器内科

北里大学医学部 循環器内科

北里大学医学部 循環器内科では、大学のマークに使われているブルーをベースに、赤とゴールドを使用したチームロゴを左袖に刺繍しています。そのチームロゴ刺繍の下には、それぞれのネーム刺繍がアルファベット筆記体で描かれ、一段とおしゃれさが引き立ちます。

また、男女問わず話し合いで決めたというネイビーのスクラブには、背中にも大きく病院名の刺繍が施されているのです。

そもそもチームロゴを入れたきっかけは、一体感とチームワークを目指すためなのだとか。
「チーム白衣が科の特色や魅力のひとつになる」と感じる声や「チーム感が強くなった」という声が挙がったそうです。

周囲のコメディカルからの評判も良く、素敵だと声を掛けられることも多いとのこと。レジナビのときにみんなでお揃いを着ていくなど、チームの一体感が生まれているそうです。

クラシコのロゴ刺繍入りユニフォームの導入事例 | 北里大学医学部 循環器内科の詳しいインタビュー

湘南鎌倉総合病院 外科

湘南鎌倉総合病院 外科

湘南鎌倉総合病院 外科では、白衣の左袖にブルーをベースとした外科のシンボルマークをロゴ刺繍しています。そしてロゴ刺繍の下には、ゴールドのアルファベット筆記体でそれぞれのネーム刺繍を入れているそうです。

チームロゴを入れたのは、チームの一体感を高めることが目的だったとのこと。導入後はそれぞれから喜びの声が挙がり、チームの一体感が高まったと実感したそうです。研修医からの評判も良く、若手へのアピールにもつながっています。

患者さんと向き合うとき、身なりを整えるのは「信頼関係を築く上で絶対条件」と掲げる現場も多いはず。関連病院含めて使われている外科のシンボルマークを袖につけることで、さらにチームの意識が高まるのではないでしょうか。

クラシコのロゴ刺繍入りユニフォームの導入事例 | 湘南鎌倉総合病院 外科の詳しいインタビュー

毎日身にまとう白衣・スクラブこそ刺繍でこだわりを

毎日着用する白衣・スクラブだからこそ、納得いくものを選び、気持ち良く仕事をしたいもの。
白衣やスクラブはデザイン、着心地、機能性はもちろんのこと、刺繍を入れたこだわりの一着を持つことで、より一層の愛着がわきます。

チーム刺繍を導入する場合は、チームに一体感や責任感を与え、また、チームで統一することで患者さんに清潔感や安心感を与えるでしょう。

今回は、チーム刺繍を導入した3つの医療現場の事例をご紹介しました。
クラシコではほかにも30以上の事例を「クラシコのチーム白衣導入実績」として紹介しています。導入を検討しているチームは参考にしてみてください。

白衣・スクラブへのロゴ刺繍のご注文についてはこちら
白衣・スクラブへのネーム刺繍のご注文についてはこちら


▶︎メンズ白衣:商品一覧はこちら
▶︎レディース白衣:商品一覧はこちら

▶︎メンズスクラブ:商品一覧はこちら
▶︎レディーススクラブ:商品一覧はこちら

▶︎ナース服・ナースウェア:商品一覧はこちら

▶︎メンズケーシー:商品一覧はこちら
​​

ABOUT Classico クラシコについて
「なぜかっこいい白衣がないのか?」私たちクラシコは、医師の一言から白衣づくりを始めました。2008年の創業以来、いつもきれいで気持ち良く仕事ができる、そんな医療ウェア作りを目指してきました。スタイリッシュでお洒落なシルエットの白衣、そして着る人の気持ちを幸せにし、自信を溢れさせ、ときには気持ちを引き締め、患者さんや医療従事者のまわりの人たちに良い印象を与える白衣を目指して医療ウェアを作り続けています。

医師が一度は着てみたい白衣ランキング1位に選ばれ、白衣をはじめ、スクラブ・ケーシー・ナース服・聴診器や、医療チームの一体感を高めるチーム白衣・病院ロゴ刺繍なども承っています。

クラシコとは
おしゃれ白衣のクラシコ 公式通販サイト


あわせて読みたい関連情報
クリニックのロゴデザインのポイントは?5つの作成方法をご紹介
就職や転勤…医師へ贈るブランド白衣。名入れ刺繍で特別感を演出
刺繍で作るオリジナルのスクラブ・白衣。費用相場や刺繍を施す流れ
【導入事例】スクラブをチームで一括導入した病院やクリニック
【導入事例】コラボスクラブを採用した病院・クリニック

関連商品

#スクラブ #白衣

白衣メーカーのクラシコが運営するWEBマガジンです。医療用の白衣やスクラブ・ケーシー・ナース服など医療ウェアに関する話題を中心に、医療従事者に役立つ情報を発信していきます。

Classico ONLINE STORE CLASSICO ROPPONGI SHOP INFO GELATO PIQUE Du fond du coeur Classico The tailored lab coats Ronherman x Classico チームで着よう 導入事例紹介
TOPへ
close