クラシコジャーナル|白衣のクラシコ 公式WEBマガジン

メインメニュー

クリニックのロゴデザインのポイントは?5つの作成方法をご紹介

クリニックのロゴデザインのポイントは?5つの作成方法をご紹介
Contents

クリニックを新規開業、リニューアルする際に迷うことのひとつが、「ロゴマークをどうするか」ではないでしょうか。

なかには院内の備品や設備などと比べれば、重要性が低いと感じる人もいるかもしれません。
しかし、クリニックのロゴの必要性は想像以上に高く、しっかり準備することが大切です。

この記事ではクリニックのロゴマークの重要性やデザインのポイント、5つの作成方法をご紹介します。

クリニックのロゴの重要性

クリニックのロゴは、クリニックのイメージや個性を表現することができるという点で重要な役割を担います。

たとえば、歯のモチーフのロゴマークなら歯科医院、赤ちゃんのモチーフなら産婦人科など、ロゴだけで「何のクリニックなのか」が伝わるでしょう。さらに、デザインで優しさや明るさを表現することによって、「どんな雰囲気のクリニックなのか」というイメージを抱かせる効果も期待できるのです。

さらにロゴマークは差別化を図る要素でもあるため、ブランディングにもつながります。
ロゴがきっかけでクリニックを認知し、親しみを持ってもらえる、来院につながるなど、集患を左右することもあるでしょう。

クリニックのロゴのデザインのポイントとは?

ロゴマークには、クリニックのコンセプトや想い、方向性を反映させましょう。
もちろん意味のあるものにすることが重要ですが、一方で患者さんの目線でわかりやすいマークにする必要もあります。

とくに屋号に含まれる単語や、クリニックに関連するモチーフを盛り込むと効果的です。
歯科なら歯や歯ブラシ、耳鼻科ならウサギやゾウなどを盛り込んだロゴマークが多いのはこのためです。
また封筒、診察券、看板などに使用することを念頭に、色は2〜3色程度にとどめたデザインが人気の傾向にあります。

クリニックのロゴの作成方法

今まではクリニックのロゴを作成する場合、内装や看板を担当する業者に一括して依頼するのが主流でした。最近では、ネット上にもロゴに関するさまざまなサービスがあり、選択の幅が広がっています。

無料の素材やロゴメーカーを利用する

絵を描けない人やデザインの経験がない人でも、無料素材を組み合わせたり、ネット上のロゴメーカーを利用したりすれば、自分でロゴをつくることも可能です。

なかには有料のものもありますが、その他の方法より経費をおさえられる点がメリット。
操作も簡単なものが多く、文字を入力するだけでそのままロゴを作成してくれるサービスもあります。

しかしデザインの幅が限られるため、ありきたりのロゴになってしまうリスクが高い点がデメリットといえるでしょう。そして利用する際には、できたロゴの商用利用が可能かどうか確認する必要もあるなど、注意が必要です。

ロゴ販売サイトを利用する

ロゴ販売サイトとは、デザイナーがデザインしたロゴを販売しているサイトのことです。

あらかじめデザインされたロゴが商品として並んでおり、気に入ったものを見つけたら購入することができます。購入後には社名を入れたり、無料でアレンジや修正に対応してもらえたりする場合もあります。一からオリジナルでロゴを作成する場合に比べて費用が明快で、納品までの時間が短く済む点がメリットです。

デメリットは、たくさんのロゴから気に入ったものを選ぶのが難しい点です。
「こんなロゴがいい」という具体的なイメージを持っておくと選びやすいでしょう。

クラウドソーシングで依頼する

ロゴ刺繍は、クラウドソーシングサイトで依頼することも可能です。
ロゴデザインを得意とする多くのデザイナーがサイトを利用しているため、コンペを開催すれば比較的短期間でたくさんの応募が集まります。

デザイン会社に依頼する場合に比べて価格が安い点、たくさんのクリエイターに提案をしてもらえる点がメリットです。

ところがデメリットとして、発注に手間がかかることが考えられるでしょう。クラウドソーシングサイトを初めて使う人や慣れていない人では、面倒に感じるかもしれません。

内装や看板を担当する業者にまかせる

クリニックの新規開業や改装の場合、内装や看板をお願いしている業者がいるはずです。多くの場合、そのような業者にロゴマークの作成もまとめてお願いすることが可能ですが、なかには既に提案されて発注するか迷っているという方もいるでしょう。

クリニックのコンセプトや開業、改装の経緯など、改めて説明する必要がないという点でメリットを感じる方も多いでしょう。しかし、業者に頼む場合は価格が高い傾向に……。見積もりを取り、予算が適正がどうかなどをよく確認する必要があるでしょう。

デザイン会社に依頼する

ロゴに強いデザイン会社や、ロゴ専門のデザイン会社に外注する方法もあります。とくに、ロゴにこだわりたいという方に好まれている方法です。

ロゴといってもジャンルはさまざまなので、クリニック、病院など医療関係のロゴの制作経験が豊富な会社を選ぶと安心でしょう。また、その会社が過去に手掛けたロゴ作品などを参考にすると選びやすいです。

数多くの会社があるため、選定が難しい点はデメリットかもしれません。しかし、名刺やパンフレット、ホームページなど、ワンストップで頼める会社も増えてきています。

ロゴを作ったらチームでユニフォームも作りましょう

クリニックにぴったりのロゴを作成したら、そのロゴを刺繍したチームユニフォームを合わせて作成するのがおすすめです。新規開業や改装に向け、チームの結束力も高まります。

高品質な医療ウェアを多数取り揃えるクラシコでは、白衣やスクラブにクリニックのロゴ刺繍を追加することができます。

ロゴ刺繍追加の流れ・費用

ロゴ刺繍

クラシコでロゴ刺繍をユニフォームに追加する手順をご紹介します。
まずロゴのデータを用意したうえで、問い合わせフォームなどで相談しましょう。

ロゴ刺繍の基本的な費用は、ロゴマーク版代とロゴ刺繍代の2種類があります。
ロゴマーク版代は1つのデータにつき1回目のみかかり、11,000円程度が目安です。ロゴ刺繍代は1箇所につき1,650円程度。

クリニックで一括注文となる場合、おおまかな費用は「商品代金+ロゴマーク版代+人数分のロゴ刺繍代」となります。

ロゴ刺繍について

導入事例

続いて、実際にロゴ刺繍を入れたユニフォームを採用しているクリニックの導入事例をご紹介します。

仙台頭痛脳神経クリニック

仙台頭痛脳神経クリニック

「仙台頭痛脳神経クリニック」では、開業に合わせてスタッフのユニフォームにクラシコのスクラブを採用しました。スマートなシルエットやファッション性の高さから、院長が10年来クラシコ製品を愛用していたことが決め手だそう。

ロゴ刺繍を入れたお揃いのスクラブでまとめた理由は、チームとして一体感を持って仕事をしていく必要性があると考えたからだそうです。医師、看護師、受付・事務、放射線技師、すべてのスタッフが、お揃いのネイビーのスクラブを着用しています。

また、光の刺激に敏感な頭痛患者さんのために、外装、インテリアからスクラブにいたるまで、ダークトーンでまとめています。患者さんからは、全員お揃いのユニフォームを褒められることもあるそうです。

クリニック導入事例紹介 | 仙台頭痛脳神経クリニック

ひらざわ矯正歯科クリニック

ひらざわ矯正歯科クリニック

「ひらざわ矯正歯科クリニック」では、スタッフユニフォームのリニューアルに合わせてクラシコのスクラブを採用しました。以前はワンピースタイプのユニフォームだったそうですが、動きやすく機能性が高いこと、着心地が良いことから、クラシコのスクラブに変えたとのこと。

ベージュとネイビーの上品なカラーを選び、左胸にクリニックのロゴ刺繍を入れました。
スタッフからは、「着るだけでテンションが上がる」と嬉しい声が挙がっています。

自身もクラシコのスクラブを着用しているという院長は、設備と同様、スタッフのユニフォームにも気を使うことが、患者さんの満足度にも繋がると実感しているそうです。

クリニック導入事例紹介 | ひらざわ矯正歯科クリニック

ロゴマークはクリニックの大切な要素

クリニックのロゴは、見る人にクリニックの個性を伝えることができる大切な要素です。
ロゴをきっかけに認知してもらい、親近感を持ってもらえれば、集患につながることもあります。

ロゴを作成する際には、クリニックのコンセプトや想いを込めましょう。一方で客観的に見てわかりやすく、診察券などいろいろなものに使えるデザインにすることも重要です。

ロゴの作成方法には、いくつかの選択肢があります。それぞれのメリット、デメリットを参考に、自分に合った作成方法を選びましょう。



ABOUT Classico クラシコについて
「なぜかっこいい白衣がないのか?」私たちクラシコは、医師の一言から白衣づくりを始めました。2008年の創業以来、いつもきれいで気持ち良く仕事ができる、そんな医療ウェア作りを目指してきました。スタイリッシュでお洒落なシルエットの白衣、そして着る人の気持ちを幸せにし、自信を溢れさせ、ときには気持ちを引き締め、患者さんや医療従事者のまわりの人たちに良い印象を与える白衣を目指して医療ウェアを作り続けています。

医師が一度は着てみたい白衣ランキング1位に選ばれ、白衣をはじめ、スクラブ・ケーシー・ナース服・聴診器や、医療チームの一体感を高めるチーム白衣・病院ロゴ刺繍なども承っています。

あわせて読みたい関連情報
就職や転勤…医師へ贈るブランド白衣。名入れ刺繍で特別感を演出
【導入事例】クラシコの白衣を採用した病院やクリニックを紹介
刺繍で作るオリジナルのスクラブ・白衣。費用相場や刺繍を施す流れ
快適で上質な医療空間に。クリニックの内装をおしゃれにするポイント
【開業】白衣・スクラブをユニフォームとして導入するポイント

関連商品

#白衣 #スクラブ

白衣メーカーのクラシコが運営するWEBマガジンです。医療用の白衣やスクラブ・ケーシー・ナース服など医療ウェアに関する話題を中心に、医療従事者に役立つ情報を発信していきます。

Classico ONLINE STORE CLASSICO ROPPONGI SHOP INFO GELATO PIQUE Du fond du coeur Classico The tailored lab coats Ronherman x Classico チームで着よう 導入事例紹介
TOPへ
close