Classico BLOG

クリニック導入事例紹介 | ひらざわ矯正歯科クリニック

クラシコのスクラブを導入いただいている「ひらざわ矯正歯科クリニック」の平澤建太朗院長にインタビュー。クラシコをユニフォームに選んだ理由や着心地などをお話いただきました。




クラシコのスクラブ着用のひらざわ矯正歯科クリニック 平澤建太朗院長

クリニック紹介

平澤建太朗さま
ひらざわ矯正歯科クリニック院長

ひらざわ矯正歯科クリニックは、なるべく患者さまの負担にならない矯正治療をポリシーにしています。患者さまの癖や生活習慣から寄り添い、歯並びが悪くなる原因を取り除くことで、短期間で美しい歯並びを実現します。 矯正歯科に経験豊富な専門医が担当し、最新の技術、知識、情報を提供しています。


「設備と同様にスタッフのユニフォームにも気を使う事で、スタッフだけではなく患者さんの満足度にも繋がると感じています」


クラシコを知ったのは、友人の医師がクラシコのスクラブを着ていたのを見て気になった事がきっかけでした。ストレッチ素材の着心地の良さに驚き、しばらく個人的に購入して着用していました。クラシコのスクラブは動きやすく機能性が高いのはもちろん、シワになりにくいところが気に入っています。着用するうちに、スタッフからもスクラブについて聞かれる事が増えたため、ユニフォームもクラシコのものに変えようと思い導入を決めました。





気に入ったものを身に付けることで気分や仕事へのパフォーマンスの向上にも繋がると思っています。個々のモチベーションを高めるため、スタイルや色合いなど全てスタッフの判断に任せ、クラシコとロンハーマンのコラボスクラブに決めました。質感の良さや袖にロンハーマンの刺繍があるためか、患者さんに声をかけられる事が増えました。



矯正治療の多くは保険適応外のため自費治療となります。そのため、ひとりひとりに寄り添った治療はもちろん、患者さんの満足感が大切だと考えています。入り口から診察室まで完全バリアフリーであることや、リラックスした気分で診療をお待ちいただけるよう、開放感溢れる吹き抜けに間接照明で照らされた受付・待合室とし、院内の空間づくりを意識して行っています。キッズスペースも落ち着いた配色にし、お子さまはもちろんご両親が落ち着いて過ごせるような設計となっています。
設備と同様にスタッフのユニフォームにも気を使う事で、スタッフだけではなく患者さんの満足度にも繋がると感じています。





スタッフの方のお話も伺いました




院長がクラシコのスクラブを着ているのを見て、クラシコを知りました。着心地が良くて使いやすいと聞き、ずっと気になっていました。これまでスタッフのユニフォームはワンピースタイプのものをずっと着用しており、動きやすいようにひとりひとりサイジングをしてオーダーメイドのものを着用していたのですが、動きのある作業の時や治療の時にスカートだと少し気になるという意見が出ていたため、スクラブとパンツスタイルに変えようと決めました。
袖を通すだけでモチベーションが高まるものが良い、とスタッフ間で話し合い、商品も色も自分たちで選びました。スクラブトップスはクラシコとロンハーマンのベージュとネイビー。下のパンツはジェラート ピケコラボのもの。スタッフたちから「着ただけでテンションが上がる」と声が出ています。




関連リンク

<ひらざわ矯正歯科クリニック公式サイト>
https://www.hi-ortho.com/


ユーザー着用商品

試着サンプル希望や在庫確認など、まずはお気軽にお問い合わせください。
専任の担当者が、最適な白衣選びをお手伝いします。