クラシコジャーナル|白衣のクラシコ 公式WEBマガジン

メインメニュー

優れたスタッフの採用方法。クリニックが採用を行う時のポイント

優れたスタッフの採用方法。クリニックが採用を行う時のポイント
Contents

患者さんと直接関わるスタッフの質はクリニックの印象を左右する大きな要素であると言っても過言ではありません。患者さんへの対応が悪かったら、いくら優れた技術や医療機器を揃えていても「これからも通い続けたい」「他の人にもおすすめしたい」と思ってもらえるクリニックにはならないでしょう。

また、働きにくい環境はスタッフ間でのトラブルが発生することも懸念されるため、スタッフの採用は力を入れるべきポイントであると言えます。

短時間の面接だけでは応募者の本来の姿を見極めることは難しいですが、いくつかのポイントや面接の流れを重視するだけで求めている人材かを見極めることができます。
今回は、スタッフ採用にまつわるポイントなどを解説しましょう。

面接の前に準備すべきこと

面接準備

「なんとなく良いと思ったから採用」ではなく、採用に至った理由を明確にすると、よりクリニックが目指したい雰囲気のあるスタッフを選考することができます。そこで採用に至るポイントを明確にしておくことが重要です。
ここでは、面接の前に備えておきたい要点をまとめましょう。

クリニックが目指す「理念」を確立する

採用の際には即戦力を求めて“スキル”や“実績”などを重視してしまいがちですが、「クリニックの理念に共感できるか」という部分を重要視しましょう。

なぜなら、理念は「このようなクリニックを目指したい」という重要な目的であり、理念に沿った運営にはスタッフの協力が必要です。理念に共感できるスタッフを集めていくことでクリニック全体の運営方針が統一されるため、スタッフ同士も働きやすい環境になりやすいと言えるでしょう。

面接時に聞くべきことをまとめる

応募者によって質問内容を変えてしまっては選考する基準がズレてしまいます。そのため、面接を行う前には聞いておきたい質問をまとめておきましょう。受け答えの仕方や回答内容でクリニックに合っているかを見極めるポイントになるでしょう。応募者全員に行う質問を準備することはスムーズな選考にもつながります。

客観視できる判断材料を用意する

クリニックでの仕事は患者さんの対応がメインなので、客観視できる判断要素を用意しておきましょう。例えば以下のような方法です。

  • 相手へ圧迫を与えない程度に複数人で面接を行う
  • 採点表を作成する など

患者さんの目線で応募者を見ることができるように家族や、他のスタッフなど、応募者へプレッシャーを与えない程度に同席してもらうと、客観的な視点からの意見も取り入れることができます。

また、採点表の導入もおすすめです。採点表とは評価を“感想”ではなく、数値化して可視化できるものを指します。客観的かつ採用基準に基づいて評価を行うためミスマッチが起きにくいメリットがあるでしょう。

ミスマッチを防ぐための面接5ステップ

面接

面接は応募者が緊張しやすい場面であり、本性が見えづらい場面でもあります。「採用してみたら理念に沿っていない人材だった」というミスマッチを防ぐためにも、面接の進め方には工夫を取り入れましょう。
ここからは面接の進め方についてご紹介します。

STEP1:緊張をほぐすための雑談

面接という場に緊張している応募者を和ませることなく面接をスタートすると、応募者の本音は引き出しにくくなり、さらには「親しみ感のないクリニック」という悪い印象を持たれてしまう可能性もあります。

まずは天気やニュース、趣味の話など、当たりさわりのない話題で緊張状態をほぐしましょう。応募者が発言するきっかけづくりにもなるため、面接での会話が活発になることが期待できます。

STEP2:自己紹介やクリニックの案内

少し雑談をしたら面接を行う人の自己紹介と、クリニックの理念を説明します。応募者よりも先に情報を開示することで、相手の話も引き出しやすくなると共に、理念への共感ができるかできないかの反応を確認することができるでしょう。先に伝えることでクリニックへ好印象を持ってもらう効果も期待できます。

STEP3:応募者への質問

ここから応募者への質問をします。履歴書や職務経歴書を確認しながら、事前に準備した質問をして応募者の話を聞きましょう。事前に用意した質問を聞き忘れないためにメモ書きや採点表を用意して行うことがおすすめです。

STEP4:勤務内容について確認

お互いの認識に相違がないように入社可能日や、勤務時間、時給・月給、シフトについてなど、勤務についての確認も面接時にしっかり行いましょう。募集要項に記載があった内容と同じであっても、改めて確認すれば後々のトラブルを防ぐことが期待できます。

STEP5:質問を受け付ける

応募者に不明点が残ったまま面接が終わると、勤務することに不安を覚えて辞退してしまう要因にもなりえます。そのため質問の時間は設けることが大切です。さらに質問の有無を聞くことは、一方的ではない面接になるため、好印象を持ってもらえるポイントにもなります。

選考後の対応ポイント

採用・不採用が決まったら通知を出します。ここで大切なのは採用者にはスピード感を持ち、不採用者には丁寧な対応をすることです。
それでは選考後の対応について解説します。

内定者への対応はスピードを重視する

就職活動をしている応募者にとっては、「勤務先として気になっているクリニックのひとつ」に過ぎません。他のクリニックに応募し、面接をしている可能性もあります。

採用通知を出したものの、辞退されてしまう理由の多くが「他で採用が決まった」というものなので、内定者にはスピード感を重視して対応を行うことがポイントです。

また、面接後すぐに連絡をもらった内定者は「必要とされている」と勤務するモチベーションが向上するきっかけにもなります。そのクリニックで働く意欲はクリニックの雰囲気づくりにも役立つため、早めの対応を行いましょう。

不採用者へは配慮のある対応を心掛ける

選考の結果、不採用通知を出すことになった応募者には、丁寧な対応を心掛けることがポイントです。不採用通知は応募者の望んでいない結果であり、クリニックに対して複雑な印象を持たれる要因になってしまいます。

応募者は通勤可能な距離であることが一般的なため、近所に住んでいる場合も多いでしょう。不採用になった連絡の方法次第ではクリニックの評判が落ちる場合もあるので、批判されないような配慮ある対応を心掛けることがポイントです。

【事例】優れた人材を集めるならクラシコのユニフォームがおすすめ

応募者はクリニックの雰囲気も見て応募に至るケースもあります。すでに働いている医療従事者やスタッフのパフォーマンスも応募の要因といえるでしょう。

クリニックの雰囲気を左右している要素のひとつがユニフォームです。クラシコは着用する医療従事者だけではなく、患者さんや関係者からも好印象を持たれると評判のあるユニフォームが揃っています。
ここからはクラシコのユニフォームを導入しているクリニックの事例をご紹介します。

マミーズクリニックルナ

マミーズクリニックルナ

「ジェラート ピケのスクラブを着て仕事がしたい」と盛り上がったことで、ジェラート ピケとクラシコのコラボで誕生したスクラブを採用したケースです。

産婦人科では妊娠・出産の際、どうしても血液の付着が伴います。そのためイージーケアで清潔感が保たれるという点や、着心地のよさにも高い評価を得ています。

また、ジェラート ピケらしい優しい色合いがマミーズクリニックルナの「明るく楽しく」という雰囲気にもマッチし、クリニック全体に統一感が生まれたと喜びの声が挙がっています。

クリニック導入事例紹介 | マミーズクリニックルナ

ほり歯科・矯正歯科中央林間

ほり歯科・矯正歯科中央林間

ほり歯科・矯正歯科中央林間では地域に密着した歯科医療を目指しているという理由から落ち着いたカラーのスクラブを導入。他にはない色合いや上質な生地感に高い評価を得ています。

スタッフからは「お気に入りのユニフォームだからこそ仕事へのモチベーションが高まる」と、クラシコのスクラブを導入していることに対して感謝の声が多数寄せられているそうです。

クリニック導入事例紹介 | ほり歯科・矯正歯科中央林間

仙台頭痛脳神経クリニック

仙台頭痛脳神経クリニック

仙台頭痛脳神経クリニックでは、医師とそれぞれの役割を持ったスタッフで構成されているからこそ、チームとして一体感が欲しいとクラシコのスクラブを採用しました。

とくにクリニックオリジナルのロゴ刺繍を施した白衣やスクラブは、着ていてモチベーションもパフォーマンスも上がると高く評価されています。

白衣のロゴ刺繍について

クリニック導入事例紹介 | 仙台頭痛脳神経クリニック

最適なユニフォーム選びをクラシコがサポートします

クラシコでは専任スタッフがクリニックに見合った商品選びから刺繍のオーダー、一括注文と、理想のユニフォームを導入するためのサポートを行っています。

クリニックの雰囲気に統一感を持たせるだけでなく、スタッフの仕事に対するモチベーションがアップするようなユニフォーム選びを行って優れた人材の確保を目指しましょう。

クリニックでの一括注文についてはこちら



ABOUT Classico クラシコについて
「なぜかっこいい白衣がないのか?」私たちクラシコは、医師の一言から白衣づくりを始めました。2008年の創業以来、いつもきれいで気持ち良く仕事ができる、そんな医療ウェア作りを目指してきました。スタイリッシュでお洒落なシルエットの白衣、そして着る人の気持ちを幸せにし、自信を溢れさせ、ときには気持ちを引き締め、患者さんや医療従事者のまわりの人たちに良い印象を与える白衣を目指して医療ウェアを作り続けています。

医師が一度は着てみたい白衣ランキング1位に選ばれ、白衣をはじめ、スクラブ・ケーシー・ナース服・聴診器や、医療チームの一体感を高めるチーム白衣・病院ロゴ刺繍なども承っています。

あわせて読みたい関連情報
【開業】白衣・スクラブをユニフォームとして導入するポイント
快適で上質な医療空間に。クリニックの内装をおしゃれにするポイント
クリニックのロゴデザインのポイントは?5つの作成方法をご紹介
【導入事例】コラボスクラブを採用した病院・クリニック
【導入事例】クラシコの白衣を採用した病院やクリニックを紹介

関連商品

#白衣 #スクラブ

白衣メーカーのクラシコが運営するWEBマガジンです。医療用の白衣やスクラブ・ケーシー・ナース服など医療ウェアに関する話題を中心に、医療従事者に役立つ情報を発信していきます。

Classico ONLINE STORE CLASSICO ROPPONGI SHOP INFO GELATO PIQUE Du fond du coeur Classico The tailored lab coats Ronherman x Classico チームで着よう 導入事例紹介
TOPへ
close