クラシコジャーナル|白衣のクラシコ 公式WEBマガジン

メインメニュー

白衣をきれいに保つ洗濯方法・クリーニングのポイント

白衣をきれいに保つ洗濯方法・クリーニングのポイント
Contents

医療従事者をはじめ、毎日仕事で白衣を着る方にとっては仕事着である白衣の清潔感を保つことが重要です。常に工業用クリーニングに出せればベストですが、ご自身で洗濯やクリーニングに出すときには悩む点も出てきます。毎日の医療現場で活躍する白衣だからこそ、汚れを目立たせずにきれいに保っておきたいですね。そこで、白衣ブランドのクラシコが白衣をきれいに保つ洗濯方法とクリーニングのポイントをご紹介します。

白衣は自宅で洗濯する?クリーニングに出す?

白衣は医療関係者だけでなく、研究者・食品関係者なども着用することの多い仕事着です。病院では医局チームごとにお揃いのロゴ入りユニフォームを作ることもあります。多くの職場では福利厚生として白衣が支給され、洗濯の際は病院・クリニックと提携するクリーニング業者が洗濯して届けてくれるところが多いようです。
しかし、クリニックや会社でクリーニング業者を利用していなければ、自分で持ち帰って洗濯することもありますし、汚れがしつこければクリーニングに出すなりしなくてはいけません。このように、白衣の管理は病院・職場によってさまざまな方法があります。

白衣のクリーニング料金の相場について

自分で白衣を管理しなくてはいけない場合、毎日清潔な白衣を着るため、その都度クリーニングに出すのはあまり経済的ではありません。ナースウェアの場合、ワンピースや上衣1枚だけでも、クリーニング料金は500~600円程度かかります。上下に分かれていると1,000円以上かかってしまうこともあるでしょう。
そのため、よほど汚れたときかプロによる染み抜きが必要な場合以外は、クリーニングを利用しないという人もいます。汚れが目立つまま着用し続けるわけにはいきませんので、1日に何度も着替えることもあります。クリーニングに出した場合、仕上がりまでには日数もかかりますから、手持ちの白衣の枚数が足りなくならないよう、自分で洗濯して管理する必要があります。

白衣の洗濯糊の使い方

多くの白衣は自宅で洗濯できるように作られていますから、ポイントを押さえた洗い方をすることで、汚れを簡単に落とすことができますが、ノリが効いてパリッとした着心地の白衣がよいときは、自分で洗濯ノリの濃度を調整することもできます。白衣にノリ付けをしておけば、汚れが付着しても繊維内の奥まで染み込みにくくなるため、汚れ落としがラクになります。また、洗濯ノリで繊維をコーティングすると、摩擦や型崩れによる生地の劣化を防ぐこともできるでしょう。
家庭で白衣を洗濯すると、どうしてもクリーニングに出したときのようにキレイな仕上がりにならないと悩んでいる人は、一度洗濯ノリを試してみるとよいでしょう。一方、全体がノリ付けされているのが苦手という人は、襟や袖口などの汚れやすい部分だけ、ピンポイントにノリ付けする方法もあります。スプレータイプの洗濯ノリを使えば、様子を見ながら簡単にノリ付けができます。

白衣が汚れにくくノーアイロンで着られる素材を選ぶ

ノーアイロン素材

市販の白衣は、素材によってはシワになりやすいものもありますが、機能性に優れた白衣の多くはアイロンがけが不要な生地を使っているため、洗濯後もノーアイロンで着ることができます。
防汚加工や防シワ加工などを施した生地やストレッチ素材などの上質な生地を使用した白衣は、ノリ付けをしなくても良いものもあります。たとえば、汚れにくく機能的なクラシコの白衣なら、ノリ付けをしなくても汚れが落ちやすく、また汚れがつきにくい工夫がされているため、日々のお手入れも簡単になります。

クラシコのノンアイロン素材の白衣&スクラブ一覧
メンズ商品
レディース商品

気になる汚れ別・白衣を自宅で洗濯するときの汚れの落とし方

多くの白衣は、常に清潔を保つため、家庭の洗濯機でも洗えるように作られています。そこでまずは、家庭の洗濯機で洗うための基本的なお手入れ方法を説明します。

白衣の色移りを防ぐ洗濯方法・洗剤の選び方

白衣には特別な洗い方があるわけではなく、普段着と同じように洗えます。ただし、濃色のものと一緒に洗ってしまうと色移りの可能性がありますから、濃色のものとは分けて洗いましょう。
白衣を洗濯する前には、必ず裏に縫い付けてある洗濯表示マークを確認しましょう。使用する洗剤にも気をつける必要があります。真っ白な白衣なら、蛍光増白剤入りの洗剤で白さを保つとよいでしょう。しかし、オフホワイトの白衣に蛍光増白剤入りの洗剤を使うと変色してしまいます。変色してしまうと本来の生地の色に戻すことはできなくなるので、オフホワイトなどの白衣には蛍光増白剤無配合の洗剤を使うようにしましょう。

基本の白衣の洗濯方法

それでは、実際に自宅で白衣を洗濯する方法を紹介します。日常の汚れなら、洗濯表示にある指示のとおりに洗いましょう。手洗いの表示があれば、洗濯ネットに入れて弱水流や手洗いコースで洗います。その場合は、洗剤もおしゃれ着用のものや、弱アルカリ性の洗剤が汚れ落ちもよくおすすめです。
目立つ汚れがあれば、バケツなどに30度~40度程度のぬるま湯と洗剤を入れ、そこにしばらく浸しておくのも効果的です。風邪の流行する時期は、白衣を熱湯消毒したり漂白剤を使用したりするとよいでしょう。
あとは、洗濯機で洗って脱水をしたあと、形を整えて干すだけです。しかし、通常の洗濯では落ちない汚れもあります。その際は、洗濯機に入れる前にピンポイントでの処理を行っておくことで対処できます。

白衣の襟汚れや袖口の汚れの洗い方

襟汚れや袖口の汚れは、市販の襟汚れ用洗剤を使うのもひとつの方法ですが、特別な洗剤を使わなくても、ある程度の汚れは落とすことができます。古い歯ブラシに洗剤を付けて、汚れている箇所をこすり洗いしましょう。
繊維に十分洗剤が染み込むため、汚れ落ちがよくなります。最後に、洗濯機で通常通りの洗濯をします。

白衣の汗汚れやニオイの落とし方

白衣に染み込んだ汗汚れは、きれいに落とさないとシミや黄ばみの原因になってしまいます。そのような白衣では、見た目にも不衛生な印象を与えてしまいますし、着ていて快適ではありません。そんな白衣の汗汚れが気になる場合は、ぬるま湯に洗剤と漂白剤を入れて、1時間ほどつけ置きしてから洗濯機で洗うと、ニオイも汗汚れもさっぱりと落とせます。

白衣についたボールペンのインク汚れの落とし方・シミ抜き方法

医療従事者や白衣着用者の悩みで多いのが、白衣の胸ポケットやその周辺にボールペンの先端が当たって線を書いたように付着してしまうインク汚れです。
ボールペン汚れは、気がついた時にすぐシミ抜きをしておきましょう。まずは、汚れてもよい古布やキッチンペーパーの上に、白衣のインク汚れを下に向けて置きます。次に、インク汚れの裏から、消毒用エタノールを浸した古歯ブラシやティッシュなどでトントンと叩き、下に敷いた布などに汚れを移していきます。下の布を移動させながら汚れを叩き出し、色がつかなくなるまで繰り返します。
その後、汚れの部分に食器用中性洗剤をつけてもみ洗いし、水ですすぎましょう。最後に、洗濯機で通常通りの洗濯をします。

白衣をクリーニングに出すメリットと注意点

これまでご紹介したように、医療従事者には多くの患者さんから見られることを意識して、いつもきれいな白衣を身に着けようと思う人も多いでしょう。もちろん汚れた白衣のままでは、自分が着ていて不快なだけでなく、病院全体のイメージまでマイナスの印象になってしまいます。
しかし、忙しく自宅での洗濯が難しい場合や、自分で洗濯しても汚れがうまく落とせない場合は、プロのクリーニング店を利用するとよいでしょう。
普段は自分で洗濯している場合でも、定期的にクリーニング店を利用することで、白衣がパリッと仕上がり、仕事のモチベーションも上がるという人もいます。

白衣をクリーニングに出すときは仕上がり日数・料金に注意

クリーニング店に出すときは、仕上がりまでの日数を確認しておかなくてはいけません。通常のクリーニングとは異なる処理をする場合、思いのほか日数がかかる場合もあります。必要な日までに仕上がっていないと、仕事に支障をきたしてしまいます。
さらに、クリーニング店ごとに料金のシステムが異なることにも注意が必要です。シミ抜きや殺菌処理などが加わることで、基本料金に上乗せされることもあるでしょう。日常的にクリーニング店を利用するなら、少しでも安い技術の高いクリーニング店にお願いしたいものです。しかし、クリーニング店に出す前に、少しでも自分で下処理をすることで安い料金に押さえることも可能です。普段の汚れは自宅で洗濯をして、クリーニング出すのは月に1度程度にするなど、工夫をすることで状態のよいまま長持ちさせることができます。



関連記事 しわになりにくい白衣 シワになりにくい白衣の生地素材と は?(特集:白衣の畳み方とシワ予防 清潔感を保つお手入れ方法 )


ABOUT Classico クラシコについて
クラシコでは汚れにくい・汚れても洗濯で落としやすい白衣の素材開発に取り組んでいます。クリーニングに出す回数が減らせて、いつもきれいで清潔な白衣で気持ちよく仕事ができる、そんな医療ウェア作りを目指しています。
「なぜかっこいい白衣がないのか?」私たちクラシコは、医師の一言から白衣づくりを始めました。2008年の創業以来、スタイリッシュでお洒落なシルエットの白衣、そして着る人の気持ちを幸せにし、自信を溢れさせ、ときには気持ちを引き締め、患者さんや医療従事者のまわりの人たちに良い印象を与える白衣を目指して医療ウェアを作り続けています。
医師が一度は着てみたい白衣ランキング1位に選ばれ、白衣をはじめ、スクラブ・ケーシー・ナース服・聴診器や、医療チームの一体感を高めるチーム白衣・病院ロゴ刺繍なども承っています。

ノンアイロン素材の白衣&スクラブ一覧
メンズ商品
レディース商品

おすすめコンテンツ
クラシコの白衣のお手入れ・クリーニングについて
https://www.clasic.jp/c/support
クラシコの白衣素材開発
https://www.clasic.jp/c/point-material

#白衣

白衣メーカーのクラシコが運営するWEBマガジンです。医療用の白衣やスクラブ・ケーシー・ナース服など医療ウェアに関する話題を中心に、医療従事者に役立つ情報を発信していきます。

Classico ONLINE STORE GELATO PIQUE Du fond du coeur Classico The tailored lab coats チームで着よう 導入事例紹介
TOPへ
close