チーム白衣導入実績

CASE.33 北里大学医学部 循環器内科

CASE.33 北里大学医学部 循環器内科
「一体感の向上を目指して、ロゴデザインから作りました」

北里大学医学部 循環器内科は、「臨床課題を専門班で研究する」北里ならではの体制で循環器の治療に取り組んでいます。昭和45年の医学部創設以来、地域の皆様、近隣の関連医療機関との連携を持ち、入院患者数2,400名という他に類を見ない臨床数から、発展を遂げてきました。


北里大学医学部 循環器内科の4名の先生方に白衣の感想をインタビューしました。

【INDEX】
診療講師・医局長 深谷 英平 先生
「一体感の向上を目指して、ロゴデザインから作りました」

助教 前川 恵美 先生
「ロゴ刺繍が入った白衣は、『素敵な白衣ですね』と言われます」

助教 亀田 良 先生
「患者さんの前では、だらしなく見えないよう心がけています」

大木 卓巳 先生
「チーム白衣は、科の特色や魅力の一つになると感じるようになりました」

「一体感の向上を目指して、ロゴデザインから作りました」

北里大学医学部 循環器内科
診療講師・医局長 深谷 英平 先生

医局で白衣を統一する話は前々からあり、一体感とチームワークを目指して今回初めてチーム導入しました。クラシコを選んだ理由は、デザインと機能性です。以前から愛用しており、耐久性もあっていいと思っていました。みんなで同じ白衣を着ると、回診でも目立ちますね。ロゴ刺繍は、大学のマークに使われているブルーをベースにアレンジして、このためにデザインしました。

スクラブは担当者数名で話し合い、男女問わず引き締まって見えるネイビーを選びました。動きやすい着心地と、ポケットがたくさんあるデザイン性が決め手です。外来の時はネクタイとシャツ、動く時はスクラブを着ています。
スクラブの方は背中にも大きく刺繍を入れています。




「ロゴ刺繍が入った白衣は、『素敵な白衣ですね』と言われます」

同科 助教
前川 恵美 先生

クラシコの白衣は周囲のコメディカルから評判がいいです。 「その白衣、どうしたんですか?素敵ですね」と言われます。以前は病院から支給された物を着ていましたが、薄さや形がいまひとつでした。これは見た目がシュッとして、ストレッチがきいていて着心地がいいですね。ポケットも大きく使いやすいです。北里大学のカラーとマークに近いロゴには、親しみやすさを感じています。
他の科がお揃いの白衣にしているのを見て、うちはやらないのかなと思っていたので、揃えられて嬉しかったです。チーム感があります。この前はレジナビの時にみんなでお揃いで着て行きました。

スクラブは当直でも愛用しています。長い時間着るには、着心地がよく楽なものがいいです。白衣は医師を象徴し、表現するものとして大事に思っています。



「患者さんの前では、だらしなく見えないよう心がけています」

同科 助教
亀田 良 先生

患者さんに会う時は、清潔感を持ってだらしなく見えないように心がけています。白衣にはこだわりがあり、クラシコのものを10年前から個人的に愛用しています。白衣はオンとオフを切り替えるツール。それが汚かったり、かっこ悪いと気分がのりません。人と違うものを探して、裏地のストライプや、ウエストシェイプなどスタイリッシュなところが気に入って購入。ずっと使っています。

スクラブは、着心地のよさと耐久性がありますね。チーム導入したことで、一致団結するチーム感が強くなりました。



「チーム白衣は、科の特色や魅力の一つになると感じるようになりました」

同科
大木 卓巳 先生

クラシコの白衣は今回初めて着用しました。生地がしっかりしていて着やすいです。シワになりにくく、清潔感があり気に入っています。

白衣は患者さんから見て職種がわかるものという位置付けと、見た目のかっこよさで選んでいました。今回、医局全体で揃えて上の先生も同じものを着ていると、統一感があります。チーム白衣が科の特色や魅力の一つになると感じるようになりました。