チーム白衣導入実績

CASE.2【東京女子医科大学病院化学療法・緩和ケア科】

CASE.2【東京女子医科大学病院化学療法・緩和ケア科】
メンバーのチームの一員としての自覚が芽生えることにつながった

東京女子医科大学病院で癌治療のための新たな診療科として化学療法・緩和ケア科を新設し男性5名、女性2名総勢7名のチームを率いていくことになった林和彦先生は、このチーム発足にあたり新しい白衣を探していました。 これまでになかった新しい科を立ち上げるにあたって、 大きな変化をつくることになりました。 変化、新しいものをつくるときにいろいろ変えなくてはなりません。 名刺や白衣など形からも変えようと思いました。 チームの白衣を変えて揃えることからも 新しいチームとしての一体感を高めたいと思いました。

共通の白衣で揃えることで、メンバーのチームの一員としての自覚が芽生えることにつながったと思います。 「着るとすごくきちんとして背筋が伸びる感じがする」と言う女性スタッフもいます。 また、病院を訪れるたくさんの人たちにきちんとした服装で誠実に対応したいという思いもありました。 病気と闘う患者さんにサンダル履きで対応するのは失礼。 実際に患者さんからは「先生のところのチームはみんなきちっとしてらっしゃってすごくいいです。」 とか 「おしゃれですね」と言っていただけました。 まだチームで採用して間もないですが、チームとしての一体感はこれからもっとでると思います。

着用商品
クラシコテーラー
ヌードフィットドクターコート
トラディショナルケーシー
メンズスクラブトップス(販売終了)
メンズスクラブパンツ(販売終了)
レディーススクラブトップス(販売終了)
レディーススクラブパンツ(販売終了)