チーム白衣導入実績

CASE.13 大阪大学大学院 核医学講座 核医学診療科・放射線部

CASE.13 大阪大学大学院 核医学講座 核医学診療科・放射線部
「連帯感が強くなり、より気持ちが引き締まりました。」

大阪大学PET分子イメージングセンタースタッフは様々な病態モデルにおける生体内の現象を画像化することで評価しています。 新たな治療法の効果判定を行ったり、高精度の診断法を開発しています。 今まで明らかにされていない病態をイメージングによって解明し、診断・治療につなげるのが目標です。

チーム白衣を作成したことで、スタッフが一丸となって研究に取り組もうという連帯感が強くなり、より気持ちが引き締まりました。また、白衣をキレイに保つためにスマートに手技をこなすようにもなりました。

大阪大学大学院 核医学講座 核医学診療科・放射線部
http://www.med.osaka-u.ac.jp/pub/tracer/index-jp.htm

着用商品
スタンドカラーメンズコート(販売終了)
エドワードコート(販売終了)