キャッシュレスのお支払いで5%還元。6/30まで!
Classico BLOG

【予告】Classicoから、常識を超える聴診器。2/9登場。

聴診器予告

「なぜ聴診器は常にこのカタチなのか?」

開発に3年間。
僕たちクラシコが、日本のトップクラスの医療機器メーカーと第一線で活躍するプロダクトデザイナーと共にじっくり腰を据えて挑戦してきた新商品を2月9日に発表します。

 新商品はずばり「聴診器」。多くの医療従事者が一度は手にしたことがあり、専門によっては1日中、そして365日使う道具。しかし、1816年にフランスで発明されてから200年間、ずっと形が変わらないものでした。

 聴診器をアップデートする、そう考えたときに皆さんはどんな聴診器を思い描きますか?
今時の発想で考えれば、聴診器をクラウドとつなぎ心拍音をデータベースに蓄積していく。それを他の医師や病院と全て共有できる。うーーん・・・
果たしてそれが聴診器の理想形なのでしょうか。僕は違うと考えました。

聴診器の本質的な意義は?どんなシーンでどのように使われるのか?どんな役割を果たせるのか?僕自身がドクター達から聞いた意見をもとに、クラシコは聴診器をゼロから再構築しました。

来週の火曜日から2/9の発表までの間、クラシコの聴診器の開発秘話をこのClassicoLABにて4回に渡り連載します。僕たちが挑んだこの3年間の挑戦をぜひご覧ください。

クラシコ株式会社 代表 大和 新





開発秘話公開スケジュール:
1/21 予告編 Classicoから、常識を超える聴診器。2/9登場。
1/26 第1回 なぜ聴診器は常にこのカタチなのか?
1/28 第2回 白衣メーカー、無謀にも聴診器をつくる。
2/2   第3回 「誰にとってもマイ・聴診器に」のこだわりから生まれた美しいデザイン。
2/5   最終回 工場長のつぶやき。「俺、これ完成したら、自分用にひとつ欲しい」
2/9 クラウドファンディグサイトIndiegogoにて発表予定

※タイトル、内容は変更になることがあります。ご了承ください。