Classico BLOG

クリニック導入事例紹介 | しのざき小児科

クラシコのナース服・スクラブ・白衣を導入いただいている「しのざき小児科」の篠﨑健太郎院長にインタビュー。クラシコを開業時のユニフォームに選んだ理由や着心地などをお話いただきました。




クラシコの白衣着用の篠﨑健太郎院長

クリニック紹介

篠﨑健太郎さま
しのざき小児科院長

しのざき小児科は2020年6月に開業しました。お子さまのあらゆる疾患に対応し、患者さまの声に耳を傾け、わかりやすいご説明と納得いただけるような医療を心がけています。診察を受けるお子さまや付き添われるご家族の方に安心して受診いただき、地域の方に愛される医療機関を目指しています。


「子どもにお医者さんを意識させない」


クラシコを知ったのはちょうど開院準備中に日経新聞に掲載されているのを見たことがきっかけでした。ユニフォームには上品で可愛らしさがあるものを選びたいと思っていたのでクラシコのアイテムを見て一目惚れしました。



当院のスタッフは看護師、受付、事務がいるのですが、それぞれの担当で雰囲気が同じになるように色味を揃えてほしいという要望だけ伝えて、あとはスタッフに選んでもらいました。ジェラート ピケ&クラシコのスクラブは柄違いでも色合いが同じだと統一感があるように見えますね。子どももスクラブに入ったアニマルプリントをじっと見て反応するようで、対応にも役立っています。





子どもにお医者さんを意識させないという点で、アメリカなどでは小児科医が白衣を着ないケースもあります。そのため、普段は白衣を着ている以外は私服で診察を行っています。クラシコの白衣は私服にも馴染むのが良いですね。白衣は「クラシコテーラー」と「セルビッチLABコート」を使っています。今日着ているのはセルビッチの方です。ちょっと変わったものが着てみたくて選びました。「クラシコテーラー」は、生地の柔らかさが気に入っています。
病院の建物をスウェーデン調にしたり、聴診器を赤にするなど、要所要所にはっきりとした色合いを持ってくることで子どもの興味をひく可愛らしさを演出しています。

スタッフの方のお話も伺いました




クラシコのナース服はストレッチがすごく効くので着ていて楽だとスタッフも気に入っています。普段より一つサイズダウンしても着心地が良いと言っていました。サイズを選ぶ際もホームページにサイズに関して事細かに記載してあったのでとてもわかりやすかったです。
これまで勤めた病院では決められた白衣やスクラブを着用する場面も多かったので、今回は仕事のモチベーションを上げるためにも、色味は揃えつつスタッフそれぞれに好きなユニフォームを選んでもらいました。クラシコを知らないスタッフもいたのですが、ホームページのいろんなアングルで洗練された雰囲気の写真を見ると、欲しいな、着たいなと思わされました。





クラシコのスクラブは色違いも購入していますが、このまま家に帰りたくなるくらい着心地が良くて気に入っています。患者さまもスクラブのデザインをじっと見たり、ユニフォームの事を聞かれる事も増えました。クラシコのホームページを見ていると新商品など気になるものがあって、今後もクラシコのスクラブや白衣を少しずつ増やしていこうと計画しています。



関連リンク

<しのざき小児科公式サイト>
https://shinozaki-pediatric-clinic.jp/


ユーザー着用商品


合わせて読みたい関連記事

◎クリニック導入事例紹介

試着サンプル希望や在庫確認など、まずはお気軽にお問い合わせください。
専任の担当者が、最適な白衣選びをお手伝いします。